紀州のドンファンの犯人が遂に判明したお!!最後に金庫のカネを運んだ従業員の誰かだ!!

紀州のドンファンこと野崎幸助氏の死を巡る「怪死事件」
此処にきて思わぬ急展開を見せようとしている・・。
 
 
だから三回言わせてくれ。
紀州のドンファンの犯人が遂に判明したお!!
紀州のドンファンの犯人が遂に判明したお!!
紀州のドンファンの犯人が遂に判明したお!!

 
 
今回は紀州のドンファン事件の犯人を遂に突き止める
多分きっと・・。

紀州のドンファン(野崎幸助)のプロフィール


【名前】:野崎幸助(のざき・こうすけ)

【愛称】:紀州のドンファン

【年齢】:享年77歳

【生年月日】:1941年

【出身】:和歌山県田辺市

【身長】:160㎝

【職業】:実業家・資産家

紀州のドンファンの愛犬(イヴ)のプロフィール


【名前】:イヴ

【年齢】:16~18歳

【犬種】:(ミニチュア)ダックスフント

紀州のドンファンの嫁(須藤早貴)のプロフィール


【名前】:野崎早貴(のざき・さき)

【旧姓】:須藤早貴(すどう・さき)

【年齢】:22歳

【生年月日】:1996年

【出身】:北海道札幌市

【身長】:167cm

【職業】:自称モデル

【学歴】:札幌ベルエポック美容専門学校

紀州のドンファンの家政婦(竹田純代)のプロフィール


 
 
【名前】:竹田純代(たけだ・すみよ)

【年齢】:66歳

【生年月日】:1952年

【職業】:家政婦

紀州のドンファン事件の犯人像が新たに浮かび上がった


「紀州のドン・ファン」事件で新展開 金庫から消えていた3億円の“隠し金”
7/4(水) 16:59配信

迷宮に入り込んだ「紀州のドン・ファン」怪死事件に、新たな展開である。
殺人の動機は、金庫から消えた3億円か――。そして浮かび上がった新たな犯人像とは。

野崎幸助氏(享年77)の遺骨の埋葬場所は、今も宙ぶらりんのまま。22歳の幼妻は「夫の墓なんて守らないもん」と言い放ち、
生活の拠点は自宅のある和歌山ではなく、東京で生活を続けているという。

野崎氏の死からおよそ1カ月が経った6月20日、和歌山県警は野崎氏の会社に2回目の家宅捜索を行った。
最初の捜索では開けられなかった金庫室の金庫を、今回は業者を呼び開けたという。

「大小2つの金庫を開けてみると、大きい方にスーツやネクタイが入っていただけで、
覚醒剤はおろか現金もなく、ほぼ空っぽだったのです」(県警詰めの記者)

現金を手元に置いておくタイプだったという野崎氏は、“隠し金”を自身で管理しており、その一時的な置き場所がこの金庫だった。
過去に脱税に問われた経験から、国税局に突き止められないよう、隠し金を金庫から信頼できる知人宅などへ移動させていたという。

移動の際には3億円と目される現金を一度にスーツケースに入れていたというが、
その運び役を主に担ったのが、同社の従業員だった。

今回の捜索の結果に、彼らは“金庫にあったはずの隠し金がない”と首を傾げている。

「社長に命じられてスーツケースをどこかに運んだにもかかわらず、それを黙っている者がいるのではないかと、従業員同士で疑心暗鬼になっています」(会社関係者)

この隠し金が、事件の謎を解き明かすカギになるのだろうか……。7月5日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

紀州のドンファンの犯人は「金庫のカネを盗んだ奴」


先月6月20日に行われた紀州のドンファンが経営する酒類販売会社の家宅捜索中に
「怪死事件」攻略への糸口が遂に見つかったみたいだ。

 
 
会社2階の一室にある金庫の中から出てきたのは
古いスーツとネクタイと僅かな土地の権利書だけ
資産約50億とも噂される大金持ちにしては余りにおかしい。

これを受けて警察のデキ損ないである和歌山県警は
金庫のカネを盗んだ奴が犯人」だと的を絞ったもようで・・

紀州のドンファンは「自分のカネを手元に置くタイプ」で
1994年国税局に査察を受けて以来
ずっと巨額のカネを金庫とトランクの中に隠し続けた。

推定3億は入っていたとされる重さ40㎏のトランクは頻繁に移動され
紀州のドンファンは絶対的な信頼のおける会社従業員にしか運ばせなかった。

 
 
つまり本来金庫やトランクにあるべき巨額のカネが今無いとなると
真っ先に疑うべきなのは・・・
最後にトランクを運んだ人間」である。
 
 
更にその人間は・・
紀州のドンファンの会社従業員6名の中の誰かになる。
これが今現在、和歌山県警が推測する犯人像である。

ってのが大体の流れだな。
紀州のドンファンの埋蔵金は何処へ・・・俺は知らん(素直)

紀州のドンファンの犯人についてネット上の声を集めてみた

和歌山県警が無能ってことはわかりつつある。
思ってたほど簡単な事件ではなかったのかな?
意外と証拠も少なそうで、下手すれば迷宮入り。
大金手にした人がほくそ笑んでると思うと腹立たしい。
これはもう迷宮入りかもしれんね。
初動捜査のミスじゃないのかね、、、
なんか犯人逮捕が長くかかりそう
たいした進展ないやん
早く事件の真相が知りたい。
紀州のドンファンのローン会社「(株)アプリコ」
腹心の従業員が怪しいっていう風に傾いてきているの?
殺人は殺人なのかな?
もやもやする
思った通り。
家政婦とか嫁は野崎さんと一緒に金庫部屋入った事あるんじゃないかな。
野崎さんが気を許していた人達って事で。あと、会社の中の数人は金庫部屋お金の移動などで入れたとか出ていたけど?
ちょうど防犯カメラの画像記録が切れる時期の一月後に捜査入ったけど画像は確認したのか?
家の防犯カメラは殺された日いくつか切れてたらしいけど会社金庫も防犯カメラ画像切れてた時間とかは?
そもそも家の防犯カメラが意図的に切られてるなら操作できる内部犯行ぽいけど。
飼い犬から覚せい剤が検出されなかっただけで迷宮入りはないだろう?監視カメラもあったことだし、カメラに映らないように犯行におよんだなら内部の人間の可能性が高まるし、外部の人間ならマスクとかでカメラに映ってるはず?初心に戻っては?。
妻は幼妻ではないと思う
妻は幼妻ではないと思う
50億獲得!!
三億円も持ってたら関係者をあたれば
すぐに見つけられそうだけど。
金遣い荒くなったりするんじゃないかな?
登場人物「全員が犯人」かもね。
霊媒師に頼むしかない
そろそろ飽きてきた。
結局犯人誰やねーん。
隠し金だの運んだのとか従業員も〜って感じ共犯だらけですね
若い従業員と幼妻それを家政婦が見た。
何でそんなに稼げるんだ。
弟子入りしたかった。

いつまでやっているんだか。
某週刊誌のネタ提供係ですかな?
イブちゃんの
写真集出ないかしら
買っちゃうわ!!
乙です
次から次に不可解な事ばかり起こる。信頼出来る人は周りに誰もいなさそうで虚しいね。
金銭トラブルで殺されたと言う事で
嫁は大金入ってウハウハじゃったそうじゃ
めでたしめでたし
登場人物のほとんどが共犯だと思います。
みんなで口裏合わせて、山分け。
嫁って和歌山に居座ってないか?情報もあやしいな。
最初の捜査がノロかった気がする。最初に証拠を取っておくべきだったと思う。直前に使った食器やグラス、指紋など…
子供はいないの?
隠し子とか
和歌山県警さん
頑張らないと
若妻が
しめしめと
喜んでいますよ
40kg
汚い金庫室
・会社の金庫(2F)に行くには1Fの事務所を通らなければならない
・金庫は正規の手順(カギ+野崎氏しか知らない暗証番号)で開けても、野崎氏に連絡がいくセキュリティ
この2点を鑑みるに、嫁が奪ったとは考えにくいね
ドラマっぽい
これじゃあ、マジで22才嬢に大金入るやん!!
予想通りの展開。
墓場までお金は持って行けないって事だ。
刑事畑じゃなくインテリ系頭脳派を和歌山に派遣してあげてくださいw
なくなった爺さんも含めて、金のためなら何でもやる人間の集合体。もちろん、警察も含めて。
犯人の目星はついているが証拠が十分でないために逮捕できないのか?
どうであれ殺人犯を野放しにいつまでするきなのか?
コナン達頼む
金庫が壊されていなければ、番号を知っていた者、3億円と言えば新札でもレンガ30個程度でかなりの量がある。持ち出すのに殺してからある程度の時間が必要だろう。単独犯では難しいのではないか?身近な者で遺産が貰えず後1、2年で生活が派手になった奴等が疑われる。
従業員全員もウソ発見器に!
幼妻は白だね〜
誰かがネコババしたのでは?
今ごろうはうはかも知れない。
頼む。早く犯人を捕まえてください。
なんかイライラする
犯人誰か待ってたのに
圧勝!!
眠い(*´Д`)

紀州のドンファンの犯人が遂に判明したお!!まとめ

今回は「紀州のドンファンの犯人が遂に判明したお!!」と題し
長々と記事を書かせて頂いた。

 
 
先ほども申し上げたが
和歌山県警は現在「最後にカネを運んだヤツ」を
徹底的に追っているとのコト。
 
 
ますます盛り上がりを見せる紀州ドンファン事件の犯人捜し!!
この先一体どうなってしまうのかぁぁぁああ!!!!
 
 

最後までご覧頂き、誠にありがとうございます