高田大介(5時に夢中)顔画像とfacebookを特定したお!!東京MXテレビ、ワイルドDが逮捕される!!

今月24日、東京MXテレビ「5時に夢中!」の制作に携わる
フリーディレクター高田大介が逮捕された。

今年7月中旬に東京足立区内のホテルで
18歳未満と知りながらも高2のJKと関係をもったとのコト。

高田大介(5時に夢中)顔画像とfacebookを特定したお!!
高田大介(5時に夢中)顔画像とfacebookを特定したお!!

今回は東京MXテレビ「5時に夢中!」のフリーディレクター
高田大介の顔画像とfacebookについて詳しく迫る。

高田大介のプロフィール【顔画像】

【名前】:高田大介(たかだ・だいすけ)
【年齢】:34歳
【生年月日】:
【出身】:横浜市
【住所】:東京都世田谷区
【職業】:ディレクター
【所属】:フリー
【学歴】:湘南工科大学附属高等学校→多摩美術大学

こちらが今回逮捕された高田大介の顔画像である。

平成25年からフリーの番組ディレクターとして
東京MXテレビ「5時に夢中!」の制作に携わっていた。

高田大介(5時に夢中)のfacebookはこちら!!


こちらが東京足立区でJKと関係をもった
高田大介のfacebookである。

プロフィールは結構マメに設定されていて
勤務先には何故か英語で「Director」

これ。
髪型は長髪だし、髭も生えてるし
見たまんま、下心しかない番組ディレクターである。

今まで一体何人のか弱い女性を
同じ手口で陥れてきたのだろうか。。

高田大介(5時に夢中)は結婚している


どうやら高田大介は結婚しているらしい。
左指には結婚指輪が見え、妻子いる身にも関わらず
関係をもったJkに対し「結婚しよう」など持ちかけていたとのコト。

まずこれは【不倫】
しかもまだ当時16~17歳のJKに対して
「結婚」を迫る時点で既にアウト。

高田大介曰く「悪いことだとは分かっていたが、関係を続けたかった」らしいが。。
これでは「5時に夢中!」どころか自分が「夜9時に女子高生に夢中!」である。

高田大介(5時に夢中)が逮捕された経緯


もともとふたりはツイッターで知り合い
これまでに何度か会っていたもよう。。

また事件発覚の経緯としては
被害を受けた女子高生の母親が警視庁に相談したことから。

高田大介(5時に夢中)顔画像とfacebookに関するネット上の声を集めてみた

女子高生と関係をもつ、「5時に夢中!」ディレクター逮捕
8/24(金) 13:25配信 産経新聞

女子高生にいかがわしい行為をしたとして、警視庁巣鴨署は、東京都青少年健全育成条例違反容疑で、世田谷区の自営業、高田大介容疑者(34)を逮捕した。東京MXテレビによると、高田容疑者はフリーの番組ディレクターで、平成25年から同社のバラエティー番組「5時に夢中!」の制作に携わっていた。

逮捕容疑は7月中旬、足立区内のホテルで、高校2年の少女(16)が18歳未満であることを知りながら、いかがわしい行為をしたとしている。高田容疑者は「悪いことだとは分かっていたが、欲望を満たすために関係を続けた」と容疑を認めているという。

同署によると、2人はツイッターを通じて知り合い、これまでに複数回会っていた。高田容疑者には妻子がいるが、少女には独身を装って「結婚しよう」などと話していたという。少女の母親が6月、警視庁に相談して発覚した。

女児に夢中 禁止
ワイルドDで検索したら出てくる有名な人
顔がヤバいwwww
JKに夢中
MXはニュース女子スタッフと対立したからな
こんヤツばっか
ちゃんと番組で扱うんだよな?
おっさんカラオケで審査員演らせてたJKかな?w
普通に笑いのネタのして盛り上がるだけだろうなw
MXチョンシナを攻撃したから相当報復受けてるな
5時前はホテルに夢中
サブカル受けする奴って大概こういうゲス野郎だろ?w
16児に夢中
ふかわもマツコもスルーか
ニュース女子のDHCと対立したのはMXでも上層部の連中だぞ
DHCの撤退で売上が大幅に減るからと
営業やらの連中は男色を示していた
16はもう大人だろ
この手の逮捕ってどうやってバレるん?
収録後に、担当の高田大介さんとパチリ
マツコは喜ぶだろうな
マツコ「アタシが居るのにっ!!」
5時に夢中なんて底辺しか見てないから無問題
高田メンバー
逮捕の顔は合格点だな!
全く持ってけしからん! 裏山
ママがチクったんかwww
「高田大介 」
全国に同姓同名が1000人はいそう

高田大介(5時に夢中)顔画像とfacebookを特定したお!!まとめ

●高田大介(5時に夢中)の顔画像が高田メンバー。
●高田大介(5時に夢中)の顔画像が「高2に夢中!」
●高田大介(5時に夢中)のfacebookが痛い。
●高田大介(5時に夢中)の勤務先が「Director」
 

最後までご覧頂き、誠にありがとうございます